冷え性のための便秘解消法

よく便秘解消のためには、

 

・朝起きたら冷たい水などを飲んで、腸を刺激しましょう。
・炭酸が含まれる飲み物を飲んで腸を刺激しましょう。
・こまめに水分をとり、1日1.5〜2リットルは飲みましょう。

 

なんて言葉をたくさん聞くと思います。しかし、これらの方法は万人に進められる方法ではないのです。

 

これらの方法は、冷え性でない方であればおすすめできる方法です。しかし、冷え性である方には、これらの方法はお勧めできません。

 

冷え性の方がこれらを実践すると胃腸が冷えてしまい、より便秘を悪化させてしまいます。

 

また、野菜や果物も体を冷やす食品の代表例です。便秘だから野菜や果物を積極的に食べていても便秘が解消されない。そのような方はおそらく、冷え性が原因になっているのです。

 

冷え性になっているということは、血液中の赤血球の数が少なくなっていると考えられます。それにより胃酸などの消化液も薄くなってしまいます。また、筋力も衰えていき、身体が熱を作り出すことができすに、結果的には常にカラダが冷えている状態になってしまうのです。

 

筋力が衰えれば排便を促す筋肉も衰えます。便秘を食生活から改善しようとする前に、冷え性を改善すべきです。冷え性が改善すれば便秘も軽減されるし、今まで効果がないと感じた食事療法や水分補給も効果を発揮するでしょう。

 

私も長い間冷え性に悩まされましたが、手っ取り早い方法として、養命酒を日常的に摂取することで改善しました。

 

養命酒と言われると、お年を召した方が摂取されているイメージが強く、手を出しにくい方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、養命酒にはさまざまな生薬が含まれており、冷え性の改善には劇的な効果を発揮します。若い女性には大変おすすめです。

 

しかし、養命酒はアルコールなので、運転をされる方や妊婦さんにはおすすめできないです。

 

お酒が苦手な方は、野菜や果物中心の身体を冷やす食生活よりも、体を温める食事を心掛けましょう。

 

身体を温める食べ物はたくさんあります。おもに大豆以外のタンパク質全般、野菜ならごぼう・たまねぎ・かぼちゃ・れんこん・自然薯、炭水化物なら蕎麦など、「食べ物の陰陽」について調べればより詳しい内容を知ることができるでしょう。

 

冷え性が改善できれば、身体が温まり、胃酸の分泌、消化吸収の力も正常に戻り、おのずと便秘も解消されるはずです。

 

身体を冷やさない・胃腸も冷やさない、それが便秘解消への近道です。